映画【宮本から君へ】感想

DVDorBD

●こんなお話

 サラリーマンが恋人と出会って、彼女がひどい目に遭ってリベンジしようとする話。

 詳しいあらすじ解説はMIHOシネマさんの映画ブログにて

●感想

 主演2人の熱演がすごくて、それに圧倒される130分でした。シーンそのものも不快だったりするところが多く、ひたすら自分の気持ちや思いを叫び続けるのでぐったりとスタミナを奪われる力作でした。

 主人公が前歯が折れてぼろぼろになって仕事仲間から驚かれるところから始まり、主人公たちが出会って付き合ってという回想に入って展開していきます。

 主人公の取引先の相手のラガーマンたちのTHE男社会のグループが個人的にかなり不快で素晴らしかったです。絶対に付き合いたくない相手だなと思ってみていると、この映画で1番の不快シーンが待っていてすごかったです。そこから主人公たちの関係の変化で泣き叫びながら突っ走っていく。リベンジ相手での階段での泥臭い殴り合いとかもすごかったです。

 ただエンタメ映画として主人公が絶対勝てない相手にどうやって勝つのかというロジックがよくわからず。最初の決闘では、普通にラグビーの服に着替えて相手を待っていて、相手が現れたら車を追いかけていってそのまま突進していくというのとか感情の赴くままうごくキャラクターとはいえ、頭が悪すぎの行動でした。その後、トレーニングっぽいことはしていましたが、クライマックスの決闘に至るまでのトレーニングで強くなっていく様子がわかりにくいため、どうして勝つのか負けるのかのロジックが飲み込みにくいため。クライマックスで激しい攻防があっても盛り上がりにくかったです。その割に、中盤の悲劇はやたらとリアルでつらいものになっているので、どういうバランスの映画なのかわかりにくいのが入り込めない要因でした。

 自分の気持ちを喚き散らす映画は個人的に苦手ですが、それで全編押し切られると心に届くものがあるんだという映画でした。

☆☆☆

鑑賞日:2020/05/01 DVD

監督真利子哲也 
脚本真利子哲也 
港岳彦 
原作新井英樹
出演池松壮亮 
蒼井優 
井浦新 
一ノ瀬ワタル 
柄本時生 
星田英利 
古舘寛治 
ピエール瀧 
佐藤二朗 
松山ケンイチ 
0
タイトルとURLをコピーしました