映画【ライク・サムワン・イン・ラブ】感想

☆☆☆

●こんなお話

 おじいさんが若い娘さんと会話する話。

 詳しいあらすじ解説はMIHOシネマさんの映画ブログにて

●感想

 冒頭、風俗嬢たちの待合場所となっているバーから物語が始まります。そこで主人公の風俗嬢が彼氏とどうやら揉めている電話をしていてオーナーのおじさんが彼氏と今晩のお客さんのところに行くようにという話をします。
 そのタクシーのなかで田舎からやってきた祖母がずっと主人公を待っている留守電を聞いて、実際に朝から晩まで待っていた祖母を遠くから見つめる主人公。
 その後、お客さんのおじいさんの元大学教授とのやりとりが始まりますが。おじいさんの電話でのやりとりが笑えたりしてよかったです。

 そして、主人公たちの背景や背景で流れる自然の音がとても印象的でよかったです。そして翌朝、主人公を大学に送りに行くと彼氏さんが来て、おじいさんを主人公のおじいさんだと勘違いして会話を始めます。この時の加瀬亮さんが素晴らしいお芝居をして、主人公に「後で話しようぜ」と言いますが。「絶対、話で終わらないよ」というのが伝わってきます。

 案の定、おじいさんのもとに主人公が泣きながら電話が入り血を流している主人公。そして、キレた彼氏がおじいさんの家にやってきて……。

 おしゃべりな隣のおばちゃんが言う「奥さんがあんなことになっちゃって」ということから、おじいちゃんが奥さんに対する罪滅ぼしとして主人公に対して優しくするのだと思いました。それでも、ちょっとたった一晩過ごしただけで慣れなれしすぎやしないか? とも思ってしまいました。
 物語は途中で終わり、「この先どうなるんだろう?」というところで終わってしまいます。おそらく主人公はこれから大変なことになるんでしょうが、おじいちゃんの「何とかなるさ」というセリフを思い出して乗り越えられるのではないかと思いました。

 外国の監督さんが描く日本だから、売春をしているのがバレるのがピンクチラシだったり。同じセリフを何回も言ったりと奇妙な会話になっていました。

☆☆☆

鑑賞日:2012/10/12 ユーロスペース

監督アッバス・キアロスタミ 
脚本アッバス・キアロスタミ 
出演奥野匡 
高梨臨 
加瀬亮 
0
タイトルとURLをコピーしました