映画【メジャーリーグ3】感想(ネタバレ)

Major League Back to the Minors imdb
スポンサーリンク

●こんなお話

 マイナーリーグの選手たちが頑張ってメジャーリーグのチームと戦う話。

 詳しいあらすじ解説はMIHOシネマさんの映画ブログにて

●感想

 ピッチャーとして落ち目な主人公がマイナーリーグのマネージャーにならないかと言われて、承諾して所属するチームと合流して旧知の仲のベテラン外野手や喧嘩ばかりの双子の選手、元バレリーナにスローボールしか投げられないピッチャー、イップスで投げられない捕手などがいる。

 主人公が徐々に選手たちにアドバイスをして少しずつ改善していって、友人のペドロやタカタナカも合流してチームが強くなる。メジャーリーグのチームと親善試合をすることになって、あわや勝ちそうになる流れだったけど、メジャーの監督が停電を指示して停電で試合終了。

 期待の若手がメジャーに引き上げられるけど、「まだ早い」と主人公はマイナーで頑張れと言うけどそれに反発する若手選手。案の定、メジャーで活躍できずに戻ってくる。そしてまたみんなで練習を頑張って再びメジャーのチームと戦って、みんなで頑張って勝ってよかったねという。

 マイナーリーグが舞台でメジャーを目指して頑張るというのが過去2作にはなかったもので、あまり派手なものでもなくて球場も寂しい感じでこれはこれで面白く見ることができました。のんびりとした野球シーンも楽しく見られました。

 期待の選手で調子乗ってる選手が犠牲バントをやりたくなくてホームラン狙いだったのが最後には自分でバントをしようとして監督から「ホームランを打て」という最初と逆の展開になるというのはドラマとして楽しめる設定でしたが、メインで描かれるのはその選手くらいで。バレエ出身の選手とか双子のセカンドとショートとか背景的なキャラクターでもう少し深堀りできないのかなと感じてしまったりしました。

 チームが強くなるきっかけとかも弱くて気づいたらどんどんと強くなっていくかんじで流れ作業のような展開が続くのが盛り上がりに欠ける展開だったと思います。

☆☆☆

鑑賞日:2022/09/25 U-NEXT

監督ジョン・ワレン 
脚本ジョン・ワレン 
出演スコット・バクラ 
コービン・バーンセン 
デニス・ヘイスバート 
石橋貴明 
エリック・ブラスコッター 
ウオルト・ゴギンス 
スティーヴ・イェーガー 
ジャンセン・ダジェット 
タイトルとURLをコピーしました