映画【マイマイ新子と千年の魔法】感想

mai-mai U-NEXT

●こんなお話

 想像力豊かの子どもたちの話。

 詳しいあらすじ解説はMIHOシネマさんの映画ブログにて

●感想

  昭和30年代の山口県の子どもというのが普通にそこに生きているというのが伝わってくる映像が素晴らしかったです。家で過ごして学校へ行って勉強して帰り道を歩いて友達と遊んで…と子どもたちの日常。そこに1000年前の友達が欲しい女の子が描かれて、都会から引っ越してきた女の子の寂しさなどとリンクしていくのもよかったです。

 ただ好みの問題として小さな物語がずっと続くので、後半から一気に先生が好きな人と結婚できないとか友達のお父さんの自殺やおじいちゃんの死など大人のダークな世界を子どもたちが受け止めるというヘヴィーな展開になるのは面白かったですが、わかりやすい大きなうねりみたいなのは感じることができず、90分ですが長く感じてしまうところもありました。

 ただ昔はよかったという懐古趣味の作品ではなく、子どもたちが川でダムを造って金魚を飼うのと1000年前と地続きになっているファンタジーとリアルが共存している不思議なアニメーションでした。

☆☆☆

鑑賞日:2021/04/06 U-NEXT

監督片渕須直 
脚本片渕須直 
原作高樹のぶ子
出演(声)福田麻由子 
水沢奈子 
森迫永依 
本上まなみ 
タイトルとURLをコピーしました