映画【ルパン三世 ルパンVS複製人間】感想

Lupin the 3rd - The Mystery of Mamo U-NEXT

●こんなお話

 不二子ちゃんのために賢者の石なるお宝をゲットしたら複製人間を開発している大富豪と戦うことになる話。

 詳しいあらすじ解説はMIHOシネマさんの映画ブログにて

●感想

 クローン人間やルパンは夢を見ない意識や身体がなくても精神だけ宇宙へ行ってという哲学的な内容とそことは全く違うところで銭形警部がルパンを追いかける活劇的な要素があわさって楽しい100分間でした。

  不二子のために賢者の石を盗み出して不二子が依頼主のマモーにそれを渡すけれど、実はそれが偽物でルパンに追手がかかる。カフェにいたらいきなり銃撃されて通行人が殺されたりとなかなかショッキングなアクションシーンもあったりしてよかったです。大型トラックとのカーチェイスなんかも面白く見ることができました。

 ルパンがマモーに拉致されてそこでDNAを使って複製人間を作り出して不老不死として生きていることがわかる。ここでルパンが見る孤島での映像も試験管の中に入った赤ん坊という映像もインパクトありました。マモー自体のヴィジュアルも印象に残るものでした。

 アメリカの超大国っぷりも描かれていてなんでもできてしまう「それが資本主義か」というのもよかったです。次元とルパンのやりとりで「夢を盗まれちまった」「夢ってのは女か」とか台詞のやりとりでかっこよさを感じるのも楽しさを感じるポイントでした。

 不二子がさらわれてマモーのいるところに乗り込んでのクライマックス。そこで活かされる折れた斬鉄剣。次元と五右衛門が途中からあまり参加しなくなるのが残念でしたが、折れた斬鉄剣が役立つという伏線の使い方は気持ちよかったです。アメリカ軍の爆弾が降り注ぐ中、エンディングというのもルパンと銭形警部の今後を心配したまま終わり、そこに三波春夫さんの歌が流れるというどういう気持ちで見ればいいのかという終わり方がよかったです。

 そして声優さんたちの声、特に西村晃さんの演技力に圧倒される作品でした。

☆☆☆☆

鑑賞日:2021/01/27 U-NEXT

監督吉川惣司 
監修大塚康生 
脚本大和屋竺 
吉川惣司 
原作モンキー・パンチ 
出演山田康雄 
増山江威子 
小林清志 
井上真樹夫 
納谷悟朗 
西村晃 
0
タイトルとURLをコピーしました