映画【武士の一分】感想

Love and Honor DVDorBD

●こんなお話

 仕事で盲目になった武士が奥さんをだまして手籠めにした上役にキレる話。

●感想

 下級武士が奥さんと主人公に父の代から仕える下男と仕事のお毒見役が自分に合わないと悩みながらも幸せに生活していたけれど、毒にあたって3日こん睡状態になって復活したら目が見えなくなっている。

 というところからこれからどう生活していくかと悩んでいたら、上役の嫌味なお侍さんが何とか口添えして生活は今まで通りと表向きはなっているけれど。実は…。という。

 そこで主人公は盲目ながらトレーニングしてその上役に果し合いを申し込んで、いざ決戦。話自体はほとんど主人公の家の中で起こる小さい展開で、大きな動きもないので派手な映像や展開に慣れた人が見ると地味な印象が強いと思われますが。そういった小さな物語が心地よく、愛と名誉の物語として楽しめました。

 欲を言えば、クライマックスの決闘までも地味に感じてしまって、座頭市的な目が見えない人がどうやって剣豪の相手に勝つのかという面白さがあまりなく、あっさりと終わってしまうのがチャンバラ映画的な面白さがもっとあったらよかったです。

 それに主人公の奥さんが映画が始まる前から終わりまで主人公のことを信じて愛しきってる状態がゆるぎないので、ラブストーリーとしてもあまり面白さがなかったです。

 冨田勲さんの音楽がかっこよくて、美術や衣装も最高で安定の時代劇を見られる満足感が得られる1本で、それにしても赤貝の毒の即効性が凄くて、その場で倒れなければお殿様の命危なかったなと思う映画でした。

☆☆☆

鑑賞日:2011/01/08 DVD 2021/04/30 NETFLIX

監督山田洋次 
脚本山田洋次 
平松恵美子 
山本一郎 
原作藤沢周平 
出演木村拓哉 
檀れい 
笹野高史 
小林稔侍 
赤塚真人 
綾田俊樹 
近藤公園 
岡本信人 
左時枝 
大地康雄 
緒形拳 
桃井かおり 
坂東三津五郎 
0
タイトルとURLをコピーしました