映画【きみの瞳(め)が問いかけている】感想

kiminome Netflix

●こんなお話

 キックボクサーと視力を失った女性の恋愛の話。

●感想

 過去に地下格闘技をしていて犯罪者だった主人公と自分の慣れない運転んで両親を事故で失ってさらに自らも視力を失って自責の念にかられているヒロインが駐車場で知り合ってお互いを知って好きになっていくという。

 社会のはぐれ者や弱者が気持ちを通じ合って好きになって思いあっていくのを綺麗な映像と役者さんの素晴らしいお芝居で見せてくれる120分でした。

 駐車場の管理所で知り合って毎週ドラマを見て、デートしたりして仲良くなっていくのをしっかりと描き幸せな日々が後半まであって、主人公の映画が始まる前の人生である犯罪組織が案の定やってきて幸せな生活を脅かしていく。キックボクシングや格闘技のシーンは単純にアクションシーンの見せ方も迫力あってよかったです。

 犯罪組織が許してくれずに再び関わって、主人公同士が離れてしまい2年後…。からの再会というのも偶然すぎると個人的には感じてしまいますが、ラブストーリーの王道を行く展開でジャンル映画としての面白さとして楽しめました。

 そして視力がなかったのに網膜剥離の手術きっかけで運転ができるようになるまで視力が回復するんだという西洋医学のすごさをまざまざと見せつけてくれる映画でした。

☆☆☆

鑑賞日:2021/05/02 NETFLIX

監督三木孝浩 
脚本登米裕一 
出演吉高由里子 
横浜流星 
やべきょうすけ 
田山涼成 
野間口徹 
岡田義徳 
奥野瑛太 
般若 
坂ノ上茜 
町田啓太 
風吹ジュン 
三船海斗 
森矢カンナ 
0
タイトルとURLをコピーしました