映画【子連れ狼 冥府魔道】感想

DVDorBD

●こんなお話

 密書を奪う仕事を任せられた拝一刀とかの話。

●感想

 まず最初は5人の刺客に狙われる拝一刀。1人1人襲ってきて、一刀の実力を試す。1人1人の戦いが漫画的で面白かったです。やられるたびに死の間際に、何故、主人公に暗殺を依頼するのかを語っていきます。中には斬られてたき火に倒れこんで燃えながら「命が尽きるまでまだあります、それまで事情を」と燃えながら話します。燃えながら話すというインパクトが強すぎて会話が全く頭に入ってこない画面の力強さが凄いです。
 黒田藩の藩主の正室に息子がいるのにも関わらず、側室の娘が可愛いから跡取りにしてしまおうとする藩主。娘が藩主になったのが幕府にばれたら藩がお取り潰しになってしまうし。娘が跡取りになるお墨付きをお坊さんからもらっているので、そのお墨付きをお坊さんから奪って欲しいという以来。この時点で、この藩主むちゃくちゃです。

 そして刺客としての実力を試すために侍たちに襲われる序盤が30分。そして大滝秀治さんが演じるお坊さんを暗殺しようとする主人公。そしたら何やら難しいセリフを話す大滝秀治さんですが、ここ何回聞いても何喋ってんのかわからないです。なぜか主人公はその言葉を聞くと体が動かなくなる。そして逃げる。何で斬れないんだ? と。まあ、大滝秀治さんだから。という理由しか見当たらないです。

 すると話が変わって、大五郎が1人で女スリとの出会いがあります。女スリの身代わりになって捕まってしまう大五郎。「スリがどこにいるかいいな」と迫られても
黙秘を通す大五郎。しまいには棒で叩かれて女スリが名乗り出るけど「ちがう、ちが~いう」という大五郎の台詞の言い方が最高です。
 そして、このエピソードを見ていると一体何の映画だったのか忘れてしまいます。何故か、解放される大五郎。そして何故か、みんなから祝福される大五郎。

 また話が戻って、お坊さんのお墨付きを奪おうとするくだり。ライバル柳生烈堂も出てきて、血まみれの戦いが繰り広げられ。クライマックスは、藩主の前での対面があり「斬りすてい!」のお決まりのパターンがあり、スプラッターの斬りあいが最高です。胴体輪切りも見られます。
 
 そして「冥府魔道に行くぞ、大五郎」と言う主人公。5歳の子どもの首をはねてしまいます。

 序盤の侍に襲われる1つ1つのくだり、大五郎と女スリ、お坊さんの暗殺、藩主と側室と子供の暗殺。とお話としては、依頼があって斬りまくるというだけの内容ですが。相変わらず若山富三郎さんの殺陣の迫力が最高でスピードが速すぎてカッコいいのは当たり前の素晴らしい映画でした。

☆☆☆

鑑賞日:2009/03/22 DVD 2013/01/30 DVD 2017/05/15 DVD

監督三隅研次 
脚本小池一雄 
中村努 
原作小池一雄 
小島剛夕 
出演若山富三郎 
富川晶宏 
安田道代 
佐藤友美 
潮健児 
山内明 
大滝秀治 
須賀不二男 
田中浩 
藤山浩二 
加藤嘉 
岡田英次 
戸浦六宏 
志賀勝 
石山律 
天津敏 
山城新伍 
守田学哉 
石橋蓮司 
大木実 
0
タイトルとURLをコピーしました