映画【LBJ ケネディの意志を継いだ男】感想

DVDorBD

●こんなお話

 リンドン・ジョンソンの大変な議員生活の話。

詳しいあらすじ解説はMIHOシネマさんの映画ブログより

●感想

 ケネディ大統領の映画はいっぱいあれどリンドン・ジョンソン大統領の話はあまり見たことないのでリンドン・ジョンソンさんにスポットがあたって貴重な話を知ることができてそれだけでも満足できる1本でした。 

 民主党の大統領候補対決でケネディと対決して、そこから副大統領になって主にロバートケネディと上手くいかなかったり、南部の大物議員と何とかうまいことやろうとしたりして、とうとうケネディ暗殺の日がやってきて…。当時のアメリカ政治事情を混乱することなくわかりやすく見せてくれて見やすい映画でした。 

 ただ90分ちょっとと短い上映時間で見やすい一方、どうして南部出身で保守的だと思われていた主人公がケネディの遺志を継いでリベラルな政策を打ち出したのかという大切な部分が結構簡単に心変わりしている印象で、自分の黒人の執事が南部を危険だから運転できないという熱弁をしていましたが、今更気づいたのか感がいなめなかったです。それに映画の半分がケネディ大統領存命時代なので、ケネディ大統領の話でもあるのでどっちつかずな印象でもある映画でした。 

☆☆☆

鑑賞日: 2019/03/12 DVD

監督ロブ・ライナー 
出演ウディ・ハレルソン 
マイケル・スタール=デヴィッド 
リチャード・ジェンキンス 
ジェフリー・ドノヴァン 
ジェニファー・ジェイソン・リー 
0

コメント

タイトルとURLをコピーしました