映画【降霊】感想

KOUREI DVDorBlu-ray

●こんなお話

 少女誘拐をきっかけに霊能力をもつ妻を持つ夫がいろいろする話。

●感想

 何もするでもなくただいるだけの幽霊の怖さがショッキングです。それに、幽霊が出てくるわけでもなく。無音の中、主人公達が家の中を歩くシーンだけですが背後にある鏡や西日が差し込む部屋、少しだけ空いた扉の隙間。何かいるんではないか? と思わせるシーンが続き緊張感いっぱいでした。恐怖とは、見てる側が勝手に恐怖を想像してしまうのだとわかって面白い演出でした。
 そのほかにも、音もなく後ろにいるぼやけた幽霊や腕だけ見えてたりと。ちょい心拍数上がるシーンがあって面白かったです。

 恐怖演出は素晴らしいですが、ストーリーのほうはイマイチのれなかったです。そもそも、最初に女の子がケースに忍び込みますが。それに気付かず役所さんは持ち帰ってしまいますが何で重さの変化に気付かないのか? と思ってしまいます。
 女の子を見つけた夫婦がとる行動も、間抜けなもので見ているとイライラしてしまいます。簡単に目論見がばれてしまいますし。
 何故、奥さんが警察にも病院にも連絡しようとしなかったのかがわからず、子どもを隠しておくにしても、いつまでも家の中に何の拘束しているのかもわかりませんでしたし。ちょっと、中盤からの展開にはついていけませんでした。

 とはいえ、真昼間から現れる幽霊というのは怖くてドキドキしてしまいました。

☆☆☆

鑑賞日:2011/08/02 DVD

監督黒沢清 
脚色大石哲也 
黒沢清 
原作マーク・マクシェーン 
出演役所広司 
風吹ジュン 
きたろう 
草なぎ剛 
石田ひかり 
岸部一徳 
大杉漣 
哀川翔 
タイトルとURLをコピーしました