映画【山猫は眠らない6 裏切りの銃撃】感想

Sniper: Ghost Shooter ☆☆☆

●こんなお話

 パイプライン防衛の任務を受けた主人公たちが味方に内通者がいるかもしれない中、武装勢力と戦う話。

 詳しいあらすじ解説はMIHOシネマさんの映画ブログにて

●感想

 銃撃描写は低予算っぽさを感じさせず、気合の入ったシリーズは相変わらずで冒頭の海岸のような場所での武装勢力との戦闘、中盤の雪山での銃撃戦、クライマックスのパイプラインでの銃撃戦と各見せ場は迫力あってこのシリーズに求めるものは安定のクオリティの作品でした。

 ツカミのアクションで主人公チームの紹介活躍があって、新しい任務があってそこで隠れていたはずの味方が銃撃されたので味方に内通者がいるかもとなったりして。

 そこで主人公の主張が受け入れらないところから、一気に舞台が変わってロシアのチームとチェチェンの武装勢力と戦うという雪山に話が変わり、更にそこでの協力者が主人公が子どもを撃てずに悩んでいることを受けて自らのエピソードも語って回想が入るというのとか一体何を見せられいるのだろう? という描写があったりしました。

 雪山での経験の次に武装勢力に近づいたら彼らがどうやら味方をハッキングしているらしいぞとなり、ドローンをハッキングされて味方の位置がわかってしまったらしいと判明するけれど上官は信じてくれず…。

 クライマックスの銃撃戦があまり冒頭と違いがわからないのが見せ場としては盛り上がりに欠けるのが残念でしたが、主人公がうじうじして周りが叱咤激励するのが楽しい映画でした。

☆☆☆

鑑賞日:2020/12/13 BSテレ東

監督ドン・マイケル・ポール 
脚本クリス・ホーティ 
出演チャド・マイケル・コリンズ 
ビリー・ゼイン 
デニス・ヘイスバート 
ステファニー・ヴォクト 
ニック・ゴメス 
タイトルとURLをコピーしました