映画【恋の渦】感想(ネタバレ)

koinouzu
スポンサーリンク

●こんなお話

 若者たちの恋模様の話。

 詳しいあらすじ解説はMIHOシネマさんの映画ブログにて

●感想

 あるカップルの同棲している部屋に部屋に集まる友人や弟たち。どうやら男友だちの1人に女の子を紹介しようと集まったらしい。
 ここのやりとりからして生々しくて、この場にいるかのような感覚が見てて恐ろしくなります。オレが絶対で1番な男、男の言いなりになっている女、好きな彼女がいるけど浮気は別と浮気を当たり前にしている男、誰とでも寝る女、好きな女の子に連絡しまくって拒否されてるのに気付かない男、モテなかった男が彼女ができた途端態度が変わる男。身近にどこかにいる存在のあるあるネタが凄いです。嘘と本音、人間の欲望のまさに恋の渦が映し出されていました。

 4つの部屋を舞台に時間が動くたびに暗転するという舞台劇らしい映画で、登場人物たちの力関係が変化していく様子を見せていきます。
 いい感じのポイントで時間が動いて暗転するのとかも緩急がついていてよかったと思います。

 自分に近い人物だったり逆に苦手な人物たちの生活をのぞき見して、しだいに感情移入してしまう作り。
 恋愛が苦手な人物だったり、恋愛を楽しむ人物だったり、加減を知らない人物だったり、依存してしまう人物だったり。

 映画的な盛り上がりやカタルシスはないのが残念ではありますが、130分という長い時間飽きずに見ることができました。 

☆☆☆☆

鑑賞日:2014/06/07 DVD 2016/01/30 Hulu

監督大根仁 
脚本三浦大輔 
原作三浦大輔 
出演新倉健太 
若井尚子 
柴田千紘 
後藤ユウミ 
松澤匠 
上田祐揮 
澤村大輔 
圓谷健太 
國武綾 
松下貞治 
鎌滝博秋 
杉尾真理子 
広瀬登紀江 
タイトルとURLをコピーしました