映画【神戸国際ギャング】感想

DVDorBD

●こんなお話

 健さん率いるギャング団が敵対勢力と戦っていくけど、しだいに健さんをボスとして認めない菅原文太さんと内部抗争勃発していく話。

 詳しいあらすじ解説はMIHOシネマさんの映画ブログにて

●感想

 何と言っても出演陣が豪華で高倉健さんと菅原文太さんが同じ画面に映ってるだけでテンションが上がります。そして同じギャング団に夏八木勲さん、伊藤敏孝さん、石橋蓮司さん、真木洋子さん、和田浩治さん、ガッツ石松さん、田中邦衛さんというメンバーも熱いです。
 最初は朝鮮人や九龍の組織と敵対して戦っていきます。三国人同盟のボスの丹波哲郎さんを拉致して殺害した時に偶然通りかかった酒屋さんを射殺してしまう主人公たちが凄いです。そのときの酒屋さんのぶっ飛び具合も白目向いて後ろにでんぐり返してという迫力の死に方が凄かったです。

 健さんは闇市で出会った美人さんに熱を上げて子分たちを使って、物資を横流ししたりレストランで食事しているときに子分に外で音楽を演奏させたり必死です。健さんのベッドシーンもあまり見た事なかったので意外でした。菅原文太さんと泉ピン子さんのベッドシーンもかなり濃かったです。

 そして健さんは丹波哲郎さん殺害容疑を誰かに密告されて捕まってしまう。その内通者が菅原文太さんではないかと疑うけど、実は菅原文太さんの子分だったけれど、文太さんは知らなかったけどそのまま自分の密告だってことにして健さんと対立を深めていく。
 かつての仲間たちが健さん派VS文太さん派に別れて抗争していく。

 健さん文太さん以外にも、サングラス姿の黙々と殺しをしていく夏八木勲さんのカッコよさ、日本で生まれて日本で育ったのに朝鮮人の出自を悩む石橋蓮司さん、子どものために1度は足を洗う田中邦衛さんたちの描き分けも面白く見ることができました。
 バイオレンスシーンもブロック塀で小指を詰めたり、爪をはいでそこにロウソクのロウをたらすとかの描写も痛くてよかったです。

 そして決着をつける大銃撃戦。そこにMPなんかがバズーカと機関銃で破壊していくクライマックスもアクションものとして面白く見ることができました。

☆☆☆☆

鑑賞日:2014/09/17 DVD

監督田中登 
脚本松本功 
山本英明 
出演高倉健 
菅原文太 
夏八木勲 
真木洋子 
伊藤敏孝 
石橋蓮司 
ガッツ石松 
田中邦衛 
和田浩治 
皆川明男 
大滝秀治 
今井健二 
高並功 
丹波哲郎 
0
タイトルとURLをコピーしました