映画【潔く柔く】感想

☆☆☆

●こんなお話

 子どものときに事故とかいろいろあって、成長した主人公たちの話。

 詳しいあらすじ解説はMIHOシネマさんの映画ブログにて

●感想

 女子高生の長澤まさみさん演じる主人公は仲のいい友だちだった男の子から付き合うことになる冒頭15分。そしてある出来事が起こって愛する人を失ったあと再生することができるのか? という。23歳の社会人になり取引先の岡田将生さん演じる青年と出会うところから物語が展開し始めます。

 結構すぐラブラブな方向へと話が転がるのかと思いきや、この青年にも子どものときにマイナスな傷を負ってしまっていて子供に対して乗り越えないといけない気持ちを抱えている。
 そんな2人が「何だこいつ」と気持ちがぶつかり合いながらも、愛する者を失いそれを忘れてしまう怖さなどとぶつかり合いながら成長していく姿を描いてました。主人公たちの日常などをコミカルに描いてました。

 とても見やすくてわかりやすくてよかったですが、主人公2人の現在進行形の流れと主人公1人ずつの回想がポツポツと挿入されるので、テンポが悪くて退屈を感じてしまうかな、とも思いました。
 けれどそれぞれの見せ場が用意されていて乗り越えようとしていく主人公たち。ただこれも特に岡田将生さんのほうは、自分で乗り越えたというより子どものほうから勝手に解決してしまって、そこで感動的な音楽を流されても戸惑ってしまいました。

 話もサクサク進むし見せるところはしっかりと見せて好感が持てる展開ですが、自分たちで乗り越えてるような感じがしないので印象にあまり残りにくくて、ボクは面白味をそんなに感じられなかったです。
 2人が急に恋の感情のベクトルが向き合うのも突然すぎる気がしてしまったり。まあ、過去を乗り越えたからいいのか。 

 漫画家の先生が主人公の障害として登場しますが、漫画家先生が「付き合ってる」と言って恋心をあきらめる主人公が最後に漫画家先生と岡田将生さんの「付き合ってる」の意味がわかったときはズッコケました。そんな理由だったら真剣に悩む前に、すぐ事情を知ってわかりそうなものなのになーとかも思ってしまいました。
 それにお前らどんだけ交通事故に遭ってるんだ、とかは思っちゃいけないのかな? とも思ったり。車社会の恐怖の映画でした。

☆☆☆

鑑賞日: 2013/10/25 試写会

監督新城毅彦 
脚本田中幸子 
大島里美 
原作いくえみ綾
出演長澤まさみ 
岡田将生 
波瑠 
中村蒼 
古川雄輝 
平田薫 
田山涼成 
和田聰宏 
MEGUMI 
池脇千鶴 
高良健吾 
0
タイトルとURLをコピーしました