映画【新聞記者】感想

☆☆☆

●こんなお話

 日本の民主主義はとっくに終わってる話。

 詳しいあらすじ解説はMIHOシネマさんの映画ブログより

●感想

 実在の事件や報道がすぐにわかるモチーフの中でエンタメ映画として時の為政者や権力者側に潰されそうになりながらも真実を暴こうと頑張る社会派映画で、日本映画としてあまり見たことなかったので、その映画製作の情熱が凄くて、しかも無名の役者さんとかではなく、有名な役者さんたちが出ていているに驚く映画でした。

 映像もミュージックビデオみたいだったりカット割りが細かったりでかっこよかったです。

 ただ個人的な好みとしてストーリー自体も権力サイドに立ち向かおうとする主人公たちがひたすら追い込まれていく展開が多い上に演出も重たいので、終始どんよりしてしまって疲れる映画でした。それでいて、後半に明らかになる大学設立の真相が軍事利用で…という流れもそこだけいきなり陰謀論感が一気に上がってフィクションっぽさが強調されるので、「んなあほな」というテンションになってしまいました。

 別に「軍事利用」「毒ガス」等々の設定でもいいとは思いますが、それだったらもう少し権力者側がどうしてそういうことをするに至ったのかを少しでも描かないと、主人公たちがいくらすっぱ抜いて、今まで追い込まれて追い込まれて最後の最後にやっと記事を書いて輪転機が回り始めて、社会に配られていくカタルシスも少なかったです。

 せっかく日本の社会派の映画として権力に立ち向かうという珍しい映画だのに中盤からはひたすら主人公たちが泣いたり立ちすくんだりしているだけが続いてるだけで面白みに欠ける印象でした。エンタメ要素もあり体制批判の映画として、まだまだハリウッドに勝てないと思いますが。そのきっかけとしての1作として面白い映画でした。

☆☆☆

鑑賞日:2019/07/01 角川シネマ有楽町

監督藤井道人 
脚本詩森ろば 
高石明彦 
藤井道人 
原案望月衣塑子
出演シム・ウンギョン 
松坂桃李 
本田翼 
高橋努 
西田尚美 
高橋和也 
北村有起哉 
田中哲司 
0

コメント

タイトルとURLをコピーしました