映画【桐島、部活やめるってよ】感想

Hulu

●こんなお話

 桐島が部活やめる話。

 詳しいあらすじ解説はMIHOシネマさんの映画ブログから

●感想

 桐島が何の前触れもなくバレー部を辞める金曜日から物語は始まります。「桐島、部活やめるってよ」というだけで次々に日常が変化していく様子を少し引いた心地いい距離感のカメラで追いかけて桐島が辞めたことで、波紋が起こりぶつかり絡み合い閉塞感いっぱいの学校という場所でクライマックスに収束していくのを面白く見ることができました。

 金曜日が物語の半分近くさかれて描かれてましたが、そこで一気に映画の登場人物たちの動きを見せてマクガフィン的な桐島が辞めたことによる様子を繰り返し視点を変えて描いていきます。
 バレー部のエースであった桐島がいれば勝てる感じだったけど、いなくなってしまいリベロで出場することになる男の子。けれど努力しても桐島には追いつけない、そのためチームに迷惑をかけてしまって自己嫌悪に陥る。
 桐島の彼女の学年1番の美人さんは、自分に何の相談もなく連絡もとれなくなった桐島の行動を見て自分の存在価値を見つめ直す。その友だちの女の子たちは、桐島退部後のバレー部の男の子に対する態度によってだんだんとマイナスな方向に向かってしまう。
 吹奏楽部の女の子は、桐島の部活が終わるのを待つ間バスケをする男の子を見つめるのが楽しみだったけど。桐島がいなくなってしまったことにより、バスケをする意味がなくなり片思いの男の子を見ることができなくなってしまう。

 そして1番、桐島と接点のない映画部の部長が物語の主役。ゾンビ映画を撮影するために学園のあちこちに出没する撮影隊は、桐島に振り回される人たちに影響を与えていく。バトミントン部の女の子に恋をしているけど、映画館で偶然出会ってしまうなんて最高の思い出じゃないかと一緒に盛り上がりました。その後の展開に泣きそうになりましたが。

 そしてクライマックスは火曜日の学校の屋上。吹奏楽部の音楽が鳴る中、ゾンビ映画の撮影と桐島を追いかけてきたバレー部と帰宅部、女子グループ。学生ならではの悩みと不安とそして希望が映画部のカメラを通して爆発する映像はまさに映画的で素晴らしかったです。

 登場人物もたくさんいて、そのみんなの悩みや不安を描き分けているシナリオが素晴らしかったです。
 ただ、夕暮れのクライマックスからエピローグがチト長く感じてしまいました。

 とはいえ、面白い青春映画でした。

☆☆☆☆

鑑賞日:2012/08/20 立川 CINEMA CITY/TWO 2016/05/07 Hulu

監督吉田大八 
脚本喜安浩平 
吉田大八 
原作朝井リョウ
出演神木隆之介 
橋本愛 
大後寿々花 
東出昌大 
清水くるみ 
山本美月 
松岡茉優 
落合モトキ 
浅香航大 
前野朋哉 
0
タイトルとURLをコピーしました