映画【呪怨 白い老女】感想

juon-shiro DVDorBD

●こんなお話

 一家惨殺事件をベースにそれに関わる人たちの恐怖体験していく話。

 詳しいあらすじ解説はMIHOシネマさんの映画ブログより

●感想

 白い老女がアタックしてくるのは怖いですが、基本は一家惨殺というお化けあんまり関係のない惨殺事件でした。怖いというより気持ち悪い映像で次から次に殺害していくのは見てて気持ちよくなかったです。
 今作も呪怨の特徴である主人公が変わる構成ですが、見終わってみると必要なエピソードいる? というものもあって、ピザ屋とその彼女が白い老女にアタックされるのとかいるのかな? とか思いながら見てました。

 一家がどんどんおかしくなっていくお父さんが怖い映画でした。ただ喋る声がボソボソ小さくて、恐怖シーンでどーん! とSEが大きくなるのは絶対びっくりしちゃう作りなのはやめてほしかったです。

☆☆

鑑賞日:2014/07/09 DVD

監督三宅隆太 
脚本三宅隆太 
原作大石圭
出演南明奈 
鈴木裕樹 
みひろ 
中村愛美 
福永マリカ 
雨宮チエ 
星野晶子 
鈴木卓爾 
ムロツヨシ 
宮川一朗太 
0
タイトルとURLをコピーしました