映画【仁義なき戦い 頂上作戦】感想

DVDorBlu-ray
スポンサーリンク

●こんなお話

 とうとう警察が頂上作戦をやってきて、やくざたちが壊滅していく話。

●感想

 前作は怒鳴りあう応酬で、誰がどっちについたあっちについたというものでしたが。その火種がくすぶっていたのが一気に爆発。最初から最後まで血で血を洗う抗争へと突入します。そして今まで登場しなかった警察も出てきて。三つ巴の戦い。

 シリーズ四作目になるとパワーも落ちていきそうですが、むしろグングンと加速していく力を持っているのがスゴイです。

 もはや芸術と言っても過言ではないストップモーションとナレーションで時間経過を見せ、カメラを振り回し、親分たちの狡猾な生き残りと若者たちの殺戮の連続
。更にもう1つ芸術と言ってもいいのは、山守を演じる金子信雄さんの泣き落とし、奥さんとダブルの泣き落としも芸術です。

 シリーズの主人公、菅原文太さんは途中でいなくなってしまうのが残念ですが。代わりに山守組若頭、武田を演じる小林旭さんが出てきて特に広島と神戸のヤクザが集結して「広島極道はイモかもしれんが、風下に立ったことはいっぺんもないんで!」の一言で更に抗争が激化。ストーリーも一気に加速します。

 怒涛の展開に更に展開にと頭をフル回転で使ってノンストップの100分間。誰がどっちについてどう転がるのか全く予想ができない。
 そして仁義に生きた者たちは懲役をくらい、狡猾な親分たちは生き延びる。そして若者は死ぬ。暴力の先に何が残ったのか? 何も残らない。「広島ヤクザ戦争は何の実りもなく終結を迎えた」と言うナレーションで終わる。
 
 シリーズを通して最高のクライマックスを迎えられてよかったです。

☆☆☆☆☆

鑑賞日: 2013/03/31 Blu-ray

監督深作欣二 
脚本笠原和夫 
原作飯干晃一 
出演菅原文太 
八名信夫 
黒沢年男 
野口貴史 
加藤武 
西田良 
長谷川明男 
有川正治 
小林稔侍 
三上真一郎 
小倉一郎 
金子信雄 
木村俊恵 
志賀勝 
田中邦衛 
大木悟郎 
成瀬正孝 
小林旭 
笹木俊志 
山城新伍 
平沢彰 
梅宮辰夫 
遠藤太津朗 
木谷邦臣 
室田日出男 
夏八木勲 
白川浩二郎 
小池朝雄 
松方弘樹 
内田朝雄 
芦田鉄雄 
鈴木瑞穂 
嵐寛寿郎 
汐路章 
堀越光恵 
中原早苗 
城恵美 
賀川雪絵 
渚まゆみ 
タイトルとURLをコピーしました