映画【マトリックス】感想(ネタバレ)

スポンサーリンク

●こんなお話

 コンピュータに支配された世界でハッカーの主人公が救世主となり自分を信じて目覚める話。

 詳しいあらすじ解説はMIHOシネマさんの映画ブログにて

●感想

 緑色の映像にサングラスに黒いロングコートで二挺拳銃やカンフーにワイヤーアクションや新しい映像表現のヴィジュアルとしてのカッコよさ。それにマシンとの戦いを描きながらも独特の世界観の映画でカッコいい映画でした。

 主人公の眠れない日々の日常があり現実を知るかこのまま帰るかのチョイスがあり、リアルワールドがあることを知る1幕目。そこから真の世界を知ってトレーニングが始まり、予言者に会いに行くけど裏切りにあって仲間が捕まり奪還するアクション。その最中に自分の使命を知って覚醒する主人公。ここから3幕目のエージェントの戦いと、わかりやすい娯楽映画の面白さがぎゅっと詰まったストーリー展開で退屈せずに見ることができました。

 ハッカーの主人公が探していた人物からの電話をきっかけに謎の黒服軍団に追われたり、何やら真実を知っているらしい集団に会って、探していた人物から「現実を知りたいか」的なことを言われて真実を知ることに。人間が発電所の一部になっていて寒い世界で味覚も娯楽もない現実を知る。そこからAIと戦うためにトレーニングとかあって、預言者なる人に会いに行ったことをきっかけにエージェントとの追いかけっこが始まっていく。


 ただちょっと1幕目から2幕目の途中までがマトリックスの世界の説明となっているため、ちょい退屈かなとも思いました。基本、わからないワードが出てくると主人公が聞き返して、周りにいる人達が開設するという流れが繰り返されて観客に新設設計ですが、終始それなので後半は笑いそうになってしまいました。それにエージェントにやられてもう駄目だ状態からの復活覚醒がキスというのも昔ながらの映画っぽいですが、ちょっとそれも簡単すぎないかと考えてしまいました。エージェントスミスがぐにゃぐにゃになって爆発、という退治の仕方ももっと他にアイデアなかったかなという感想でした。

 とはいえ、ロングコートにグラサンの人たちがスタイリッシュで派手なアクションシーンの数々。スローの中銃弾をよけるという画期的な映画だと思いました。

☆☆☆☆

鑑賞日: 2014/01/22 Hulu 2021/12/12 NETFLIX

監督アンディ・ウォシャウスキー 
ラリー・ウォシャウスキー 
脚本アンディ・ウォシャウスキー 
ラリー・ウォシャウスキー 
出演キアヌ・リーヴス 
ローレンス・フィッシュバーン 
キャリー・アン・モス 
ヒューゴ・ウィーヴィング 
グロリア・フォスター 
ジョー・パントリアーノ 
マーカス・チョン 
ポール・ゴダード 
タイトルとURLをコピーしました