映画【52Hzのラヴソング】感想

DVDorBD

●こんなお話

 バレンタインデーの1日にいろんな人の恋愛模様の話。 

●感想

 100分のほとんどを歌うミュージカルで台湾の雑多な街並みではなく、原色が華やかでおしゃれな映像は見ていて楽しかったです。楽曲の力もあってキャッチーな歌ばかりでした。 

 ただ話自体は群像劇で明確な主人公がいないので全体的に全員が薄くて表面的にしか見ることができなかったです。誰一人として好きになれる人物がいない恋愛劇というのは見ていてつらいです。 

 彼氏彼女がいなくて悩む人たちや売れない歌手に嫌気がさして別れようとする人やLGBTカップルや老年の恋などが登場する割には彼ら彼女らの現状の悩みとかを歌にするだけで、どうやって障害を突破していくのかというのがイマイチ伝わらないため、お洒落な映像の中で恐ろしく退屈な物語だけが浮かび上がるミュージカルで残念でした。

☆☆

鑑賞日: 2018/12/19 DVD

監督ウェイ・ダーション 
脚本ウェイ・ダーション 
ヨウ・ウェンシン 
スー・ダー 
出演リン・ジョンユー 
ジョン・ジェンイン 
スミン 
チェン・ミッフィー 
リン・チンタイ 
シンディ・チャオ 
リー・チエンナ 
チャン・ロンロン 
ファン・イーチェン 
0

コメント

タイトルとURLをコピーしました