映画【ジャックと天空の巨人】感想

DVDorBD

●こんなお話

 進撃の巨人の話。

 詳しいあらすじ解説はMIHOシネマさんの映画ブログから

●感想

 主人公とヒロインの子ども時代がカットバックされ豆の木や巨人の伝説の説明を入れるというオープニングからして、テンポがよく上手な説明でよかったです。

 貧乏な農民の主人公、市井の生活を自ら見て回るおてんば姫、そして父の王様から命令されて結婚することになる相手、こいつがいかにも悪そうな奴。とわかりやすい登場人物の配置なんかも、いちいち立ち止まることなく。ポンポンと展開する物語にフィットしていたと思います。

 天空へと行ってしまったお姫様を救出するところから冒険が始まり、巨人のヴィジュアルの気持ち悪いこと。そして結構怖い描写も多かったです。

 後はひたすら悪い奴の陰謀や巨人の世界からの脱出のハラハラドキドキ。そのどれもが面白く見ることができました。お決まりというか、巨人に捕まり料理されそうになるところなんかも楽しかったです。生地にロールされる人間、その隣に笑顔の豚。という構図も笑えました。

 クライマックスの合戦も物凄い迫力で興奮して見ることができました。絶対勝てそうにない巨人との戦い。

 見終わってみると、何で豆の木を誰も処分せずに残しておいたのかな? とか。救出のために何人も死んでいき、お姫様が「私のせいで何人も死んでしまった」と悩んでましたが。元はと言えば、主人公のチョンボでお姫さまが天空へと行ってしまったのに、そこはいいのね。と思ったりもしてしまいまたが、小さな問題です。
 後は、平民と王族の恋というのも簡単に認められちゃったりそんなんでいいのかなとも思ってしまいました。お姫様を呼び捨てにするってのもイギリス人には平気なのか。

 とはいえ、ヒロイン美人さんだし。巨人怖いし、戦闘シーン迫力あるし。主人公が何の能力もなく普通の青年が成長していくのを楽しめる映画でした。

☆☆☆☆

鑑賞日:2013/04/05 Blu-ray

監督ブライアン・シンガー 
脚本ダン・スタッドニー 
クリストファー・マッカリー 
ダレン・レムケ 
出演ニコラス・ホルト 
スタンリー・トゥッチ 
ビル・ナイ 
エレノア・トムリンソン 
ユアン・マクレガー 
イアン・マクシェーン 
ジョン・カーサー 
0
タイトルとURLをコピーしました