映画【聯合艦隊司令長官 山本五十六】感想

DVDorBD

●こんなお話

 連合艦隊司令長官山本五十六の日米戦開戦から撃墜されるまでの話。

 詳しいあらすじ解説はMIHOシネマさんの映画ブログにて

●感想

 当時の日本の状況を山本五十六の立場、海軍の立場、陸軍の立場、そしてマスコミと国民の立場を見せてくれて勉強になりました。特に興味深く見たのは、新聞は真実を伝えるのでなく国民を導くためにあると大本営発表をそのまま垂れ流して、国民を煽っていたり。国民達は、「また戦争が始まれば好景気になる」とどこか人事のように考えていたことなど知ることができてよかったです。

 ストーリーは、歴史のダイジェストを見せられているようで目新しさが感じられなかったのが残念でした。主人公もミッドウェイで敗北を喫したときも、将棋をさしているだけで。もっと具体的な対策を練らなくていいのかと思ってしまいました。それでいて、山本五十六と敵対する役で出てくる南雲中将を悪いように描いていますが。山本五十六もあまりリーダーシップを発揮しているように見えなかったのが残念です。だったら、ピンチのときに強い指導力を発揮したふうに描かないと。南雲中将の判断が間違っていたように描いても、他の判断が正しかったのかわかりませんでした。結果論で、判断してるようにしか見えなかったです。

 映画的な盛り上がりもあまりなく、淡々と進むので。歴史好きには楽しめますが、そうでない人にとってはちょっと長く感じてしまうのではないかと思う映画でした。

☆☆

鑑賞日:2013/12/22 Blu-ray

監督成島出 
監修半藤一利 
脚本長谷川康夫 
飯田健三郎 
出演役所広司 
玉木宏 
柄本明 
柳葉敏郎 
阿部寛 
吉田栄作 
椎名桔平 
益岡徹 
袴田吉彦 
五十嵐隼士 
坂東三津五郎 
原田美枝子 
0
タイトルとURLをコピーしました