映画【イノセント・ガーデン】感想

☆☆☆☆

●こんなお話

 主人公の行方知らずだった叔父さんが現れたことにより、トラブルが巻き起こる話。

 詳しいあらすじ解説はMIHOシネマさんの映画ブログにて

●感想

 冒頭、車から一人の女が降りてきて、草むらの中へ進む。真っ赤に染まった花のカットが挿入され、進んでいく女にかぶさりのタイトルクレジット。この印象的なクレジットだけで傑作の予感をさせてくれる素晴らしいツカミでした。
 更にクレジットは進み、少女が木の幹におかれた誕生日プレゼントの箱を開けると一本の鍵が入っていて。バースデーケーキがテーブルにあり、ケーキを真上からとらえてからの叫び声で、メインタイトルどーん。
 最高でした。

 主人公の少女の父親の葬儀から始まる。交通事故で亡くなり、姿を今までくらましてた叔父さんがやってくる。
 主人公は感覚が鋭くて耳がめちゃくちゃいい。スーパースパイみたいに遠くの話し声なども聞こえてきちゃう能力の持ち主。
 謎の叔父さんは主人公と上手くいっていない母親といい感じになり、叔父さんの事を知っているような家政婦さんや大叔母さんが主人公に何か話があるようなそぶりをみせると翌日には姿を消してしまう。

 ストーリーは叔父さんが突然やってきて主人公の身の回りに異変が起こるというサイコサスペンス。この話自体は目新しい物でもなく、更に真相がわかるクライマックスもそんなに目を見張るものではなかったです。
 が、何と言っても冒頭から最後まで独特の映像と不気味な雰囲気が最高でした。

 ピアノが弾けないといってた叔父さんが主人公の隣に座って連弾したりするところで恍惚な表情になっていったり、主人公の太もものなかに入っていく蜘蛛。などエロティックなシーンも多く。
 更に主人公がある現場を目の前で目撃した後にそれを思いながらのオナニーシーンなんかもあったり。主人公を演じる女性の表情の変化なんかも素晴らしかったです。
 それは、ずっとプレゼントでもらっていたスニーカーから叔父さんからもらうハイヒール。主人公が、立ち上がるということでそこから明らかに主人公の表情が変わったのがわかるのが凄いです。成長した瞬間。

 印象的な映像やカメラワークも雰囲気を最高に出していて素晴らしかったです。主人公が男の子と夜の公園で語らうシーンやグイーンと被写体によっていったり、ドアップがインパクト強かったです。かと思いきや俯瞰を多用したりと。

 時代背景が1950年代くらいかな? と思ってたら主人公が1994年生まれだと知り現代だったんだと戸惑ったり。叔父さんに影響を受けて変化した主人公のその後が気になる終わり方で不完全燃焼を感じてしまったり、殺人が結構ずさんなんではないのかと思ったりもしなくもないですが。とても面白い映画でよかったです

☆☆☆☆

鑑賞日:2013/05/31 TOHOシネマズ府中

監督パク・チャヌク 
脚本ウェントワース・ミラー 
出演ミア・ワシコウスカ 
マシュー・グード 
ニコール・キッドマン 
ダーモット・マローニー 
ジャッキー・ウィーバー 
0
タイトルとURLをコピーしました