映画【インサイド・ヘッド】感想(ネタバレ)

inside-out
スポンサーリンク

●こんなお話

 思春期の女の子の脳内の感情たちの話。

 詳しいあらすじ解説はMIHOシネマさんの映画ブログから

●感想

 感情という目に見えないものの世界をピクサーのアニメーションで見せるというビジュアルだけで面白かったです。どうやってあのヴィジュアルを考えてスタッフで考えを共有して具現化しているのかとか気になりました。主人公たちがいる司令部のデザインとか主人公たちが冒険することになる脳内の映像とかすごかったです。
 さすがはピクサーで100分ちょっとの間で余計なことをせずに楽しませる映画で面白かったです。主人公以外の脳内の様子なんかは笑えました。

 ただ肝心の主人公のキャラクターが100パーセントのポジティブキャラで実際にこんな人がそばにいたらイライラするしネガティブな言い方なら余計なお世話の自己主張しかしない印象で好きになれなかったです。一緒に冒険することになるカナシミもキャラクターとはいえ迷惑をかけるだけにしか見えなくて見ててイライラしました。後半にそれが別の展開をするので仕方ないですが、好きになれないキャラクターたちでした。アニメでキャラクターを好きになれないのは辛いです。

 ディズニーならではの夢のある作品を個人的には見たかったです。

☆☆☆

鑑賞日: 2015/07/26 TOHOシネマズシャンテ

監督ピート・ドクター 
共同監督ロニー・デル・カルメン 
脚本ピート・ドクター 
メグ・レフォーヴ 
ジョシュ・クーリー 
出演(声)エイミー・ポーラー 
フィリス・スミス 
ルイス・ブラック 
ミンディ・カリング 
ビル・ヘイダー 
リチャード・キング 
ケイトリン・ディアス 
カイル・マクラクラン 

コメント

タイトルとURLをコピーしました