映画【激動の昭和史 軍閥】感想

DVDorBD

●こんなお話

 日本がどんどんと太平洋戦争へと突入して敗戦していくまでの話。 

●感想

 二二六事件から始まり支那事変が勃発して米国の圧力が強まり、日米開戦か否かという序盤。陸軍大臣の東条英機が総理大臣に就任して暴走していくまでという流れと、竹槍事件という新聞記者が政権を批判して懲罰召集を受けるという流れ。 

 陸軍として支那撤兵は絶対反対だけど、天皇が平和を望む意思をくみ取り外交で解決しようとする東条英機が愛国心の強くて真面目で固い人物として描かれていました。海軍に対して「米国と戦って勝てるのか」と何度も質問してもうやむやな回答しか出てこなかったりするのが印象的でした。 

 しだいに権力を集中して独裁者のようになっていってしまいますが、そこらへんの心の動きがわからないのが残念でした。 

 そして何度も会議のシーンがあり結局開戦となって真珠湾攻撃。その後、有利なうちに和平をするべきという進言があっても暴走し始める東条総理。 中盤からは本当の日本の実情を報道しようとする記者目線になっていくあたりから流れが散漫になってしまうような印象でした。ただ1人の懲罰召集のために250人を招集するというたまったもんじゃない独裁っぷりの総理大臣でした。 

 懲罰召集として戦地に行かなくてはいけない記者。記者が特攻隊員に「戦争が始まったときには鬼畜米英だ、さすが東条さんだ勝ってるときはべた褒めしやがって。負け戦と全部東条のせいにしやがる。貴様らマスコミに責任はないのか。なれば勝つ戦争ならいいのか! 勝てばいいというその考えが日本をめちゃくちゃにしちまったんだ」という叫びはマスコミ批判をもっとフューチャーしても面白いと思いました。 

 ただ特撮シーンが過去の戦争映画のシーンの使い回しで盛り上がらなかったです。それに映画のほとんどがえらい人たちの会議会議の連続で歴史に興味がある自分は楽しく見ることができましたが、興味がない人に取っては明確な主人公や流れがわかりにくい映画だと思いました。 

☆☆☆

鑑賞日: 2011/09/09 DVD  2019/07/28 DVD

監督堀川弘通 
脚本笠原良三 
出演中村又五郎 
小林桂樹 
中谷一郎 
垂水悟郎 
睦五郎 
冨田浩太郎 
森幹太 
石山健二郎 
玉川伊佐男 
藤岡重慶 
青木義朗 
三船敏郎 
0

コメント

タイトルとURLをコピーしました