映画【GONIN】感想

GONIN DVDorBD

●こんなお話

 5人の男たちがヤクザから金を強奪して殺し合いになる話。

 詳しいあらすじ解説はMIHOシネマさんの映画ブログにて

●感想

 これぞ90年代っていう時代の雰囲気がこの映画の空気感を出していて素晴らしいです。豪華キャストの競演ってのも見ものですが、出てくる全員のキャラクターが立っていることが面白い要因だったと思います。

 ディスコのオーナー、チンピラ、元刑事、サラリーマン、パンチドランカー。そして、「保険きかねえからよぉ、俺達の仕事」という殺し屋。

 わかりずらかったのは竹中直人さんがヤクザ事務所でパスポートを一瞬見るカットがあって、そこからバレてしまういますが。一瞬過ぎて何回か見てはじめてわかりました。

 大金を奪った後の5人組の関係性もとても面白くて、佐藤浩市さんと本木雅弘さんの関係だったり、椎名桔平さんとナミィ、竹中直人さんとその家族とのことがわかったときのホラー映画のような怖さ、根津甚八さんと家族のレストランで他の客が一瞬でいなくなるところの恐怖。そして、ビートたけしさんの追いかけてくる恐怖。雨の中、スウェット姿でビニール傘をさして拳銃をバンバン撃ってくる怖さ。そしてカッコよさ。全員が素晴らしいです。

 5人組が集まって事務所を襲って、ヤクザに報復され次々にやられていく仲間たち。そして最後は決着をつけるために殴りこみの銃撃戦。と、男たちのカッコよさを描いた見れる映画でした。

☆☆☆☆☆

鑑賞日:2009/11/14 DVD

監督石井隆 
脚本石井隆 
製作総指揮奥山和由 
出演佐藤浩市 
本木雅弘 
根津甚八 
竹中直人 
椎名桔平 
永島敏行 
鶴見辰吾 
ビートたけし 
木村一八 
室田日出男 
0
タイトルとURLをコピーしました