映画【ガメラ 大怪獣空中決戦】感想

DVDorBD

●こんなお話

 ガメラとギャオスが喧嘩する話。

 詳しいあらすじ解説はMIHOシネマさんの映画ブログから

●感想

 プルトニウムを運ぶ船にぶつかる謎の岩礁が出現し、小さな島では巨大な鳥が島民を食べちゃう凄惨な事件が起こる。
 巨大な鳥が希少価値があると捕獲するために福岡ドームで捕獲作戦が行われる。この捕獲シーンの特撮からして素晴らしくカッコよくて盛り上がります。

 福岡ドームでの捕獲作戦中に出現するガメラが福岡ドーム破壊によって作戦は失敗する。政府は鳥のほうを希少価値があるとして捕獲してガメラを攻撃しようとする。
 ここら辺、何でギャオスが希少価値があるとして保護しようとしてガメラは危険だから攻撃という決断をするのかがわからなかったです。ギャオスのほうが人間食べてるという被害が出てるのに。
 ガメラとギャオスの創造の設定が古代文明が作った生物として描かれますが、そこら辺の説明もちょっと長いし。かつリアリティが薄まってしまっているようにも思えました。それに主人公の海上保安官が娘さんに岩礁で手にいれた勾玉を勝手にあげちゃったりして大丈夫なのかな? とかも思っちゃいました。そのせいで、娘さんガメラと通信するはめになってるし。

 ガメラとギャオスそれぞれに対して自衛隊が攻撃作戦をする中盤なんかも面白く見ることができました。まず最初にガメラに対する戦車隊の攻撃。そしてギャオスにも攻撃決定になり、短SAMによる攻撃。この時の東京タワーで休んでる夕陽の美しいこと。
 そしてクライマックスのガメラと巨大になったギャオスとの一騎打ち。特撮の出来も素晴らしいですし、怪獣が日本にやってきたときのリアリティで勝負して、混乱や対応が見られて面白い映画でした。

☆☆☆☆

鑑賞日:2013/06/04 DVD

監督金子修介 
特技監督樋口真嗣 
脚本伊藤和典 
出演伊原剛志 
中山忍 
藤谷文子 
小野寺昭 

0
タイトルとURLをコピーしました