映画【ワイルドガン】感想

Netflix

●こんなお話

 故郷を捨てたガンマンが戻ってきて、絶縁してたお父さんとか元カノとかと再会しつつ悪人と戦う話。 

 詳しいあらすじ解説はMIHOシネマさんの映画ブログから

●感想

 過去の暴力に疲れて今は銃を持っていなくて悪人に暴力を振るわれてもぐっと耐えに耐えるけど、自分の愛する人にピンチが訪れるとついに銃を抜いて…。というド定番の西部劇のストーリーでそこにキーファー・サザーランドとドナルド・サザーランドの実際の親子共演というのが見ものですが、そこだけで他に新鮮さはなくステレオタイプな悪役に展開にとこれといった面白さがなかったです。 

 90分の短い映画のほとんどんが主人公が耐えるか悩むかしているだけでクライマックスにやっとこさ銃を抜くアクションシーンがありますが、そこの見せ方もこれといった面白さも感じられない淡々とした銃撃戦でした。 

 主人公とお互い認め合っているカタキ役のガンマンとかも最後に戦うのかと思いきやスルーされたりして一体何だったんだと疑問のキャラクターでした。 

 ちょっと何の目新しさも感じられない映画で残念でした。

☆☆☆

鑑賞日: 2018/08/03  NETFLIX

監督ジョン・カサー 
脚本ブラッド・マーマン 
出演キーファー・サザーランド 
ドナルド・サザーランド 
デミ・ムーア 
ブライアン・コックス 
0

コメント

タイトルとURLをコピーしました