映画【ジ、エクストリーム、スキヤキ】感想(ネタバレ)

ex-sukiyaki
スポンサーリンク

●こんなお話

 冒頭、井浦新さん演じる主人公がガートレールから崖へと飛び降りるというところから始まる。次に学生時代の窪塚洋介さん演じる友人のところへ突然やってくる主人公。友人とその彼女に海へ行こうと持ちかけ、これまた学生時代の女性のもとへ行き彼女も誘う。そして4人で海へ行って一泊して帰ってくるという話。

 詳しいあらすじ解説はMIHOシネマさんの映画ブログにて

●感想

 演劇界出身の監督さんらしく独特の会話や間が特徴的な映画で大きな出来事も起きずに、聞き返したりおうむ返しをしたりしてズレた会話でどこかおかしな空気を出す作風でした。アドリブっぽいお芝居ですが、シナリオを読むとそのままなのが自然なお芝居ができる役者さんたちお見事でした。

 110分の映画でドライブが始まるのが40分過ぎ。そこから4人でのドライブも特に大きな出来事は起こらず、ボケとツッコミのやりとりを繰り返していく。会話の合間に15年前にミネムラさんという人物がいたらしく、何か起こったらしいことはわかるけど。特にそこも詳細がわかるわけでもなく。
 合間に自殺を図った主人公が目を覚ますのを交互に見せていきます。
 可笑しな会話をしながらも自然な空気感で進んでいく映画でズレているけど、主人公は自殺を図るわけで何か悲しい雰囲気も持ち合わせている。

 オフビートなコメディだとは思いますが、果たして友人の彼女が不治の病である必要あったのかな? 主人公はどうして自殺を図ったのかな? ミネムラさんって何があったのかな? いろいろ気になる部分もあって明快な答えがないままなので不完全燃焼な気持ちも残る映画でした。

☆☆☆

鑑賞日:2014/06/09 DVD

監督前田司郎 
脚本前田司郎 
原作前田司郎
出演井浦新 
窪塚洋介 
市川実日子 
倉科カナ 
黒田大輔 
安倍健太郎 
高良健吾 
沖田修一 
タイトルとURLをコピーしました