映画【エベレスト3D】感想(ネタバレ)

everest-2
スポンサーリンク

●こんなお話

 ハリウッド版【八甲田山】な話。

 詳しいあらすじ解説はMIHOシネマさんの映画ブログにて

●感想

 エベレストの冒険としての登山の時代が終わって商業登山が始まって…。という歴史の説明から始まって、今回もいろんな人たちが集合してエベレスト登山に挑む。という内容で、ハリウッド映画らしい圧倒される映像で自然の驚異を描いている作品でした。

 実際の事件をドキュメンタリタッチで描いているため、たくさんいる登場人物たちの背景をあまり描かないので、1人また1人と脱落していってもそこまで心に迫るものはなかったです。それよりもエベレストって大変だな、何でこんなことするんだろう? と山登りの意味について考えてしまう内容でした。

 商業映画としては盛り上がらずイマイチでしたが、自然の驚異を感じられる映画でよかったです。

 とはいえ、役者さん豪華でそれを見るだけで満足だし映像も迫力があってよかったです。

☆☆☆

鑑賞日: 2015/11/15 チネチッタ川崎  2017/04/08 Blu-ray

監督バルタザール・コルマウクル 
脚本ウィリアム・ニコルソン
出演ジェイソン・クラーク 
ジョシュ・ブローリン 
ジョン・ホークス 
ロビン・ライト 
エミリー・ワトソン 
キーラ・ナイトレイ 
サム・ワーシントン 
ジェイク・ギレンホール

コメント

タイトルとURLをコピーしました