映画【EUREKA ユリイカ】感想

DVDorBD

●こんなお話

 バスジャック事件の被害者が同居し始めて、再出発するために旅を始める話。

●感想

 惨劇であるバスジャック事件を体験した人たちの心象風景を映像にしたセピア色の映像は不思議な心地よさで1つ1つのシーンが長いですが、見入ってしまう魅力がありました。
 心に傷を負った人たち。その人たちにどう接していいのかわからない家族や興味本位で接する人たち。というのを長い長いシーンで見せていって、何かを見つけるために旅に出るというロードムービー。前半がやや劇的すぎて個人的には前半と後半のタッチが違いすぎて、ついていけない部分がありました。

 3部作の2部作目なので、兄妹のいとこの話していることとかがもっとわかって3部作全体で見るともっとわかる映画だと思いました。
 リアリティの面を考えると、赤の他人のおじさんである主人公を小さな兄妹と同居許されるのかな? とか人を殺すことを結構簡単に許しちゃったりといかがなものか? と思ってしまう部分もありました。犯人を出頭させてすぐに旅を続けられるものなのか? 警察とかマスコミは出てこないのかな? とか思ってしまいました。が、3時間以上でも惹きつけられる映画でした。

☆☆☆

鑑賞日:2014/12/24 DVD

監督青山真治 
脚本青山真治 
出演役所広司 
宮崎あおい 
宮崎将 
斉藤陽一郎 
国生さゆり 
光石研 
利重剛 
松重豊 
塩見三省 
真行寺君枝 
でんでん 
0
タイトルとURLをコピーしました