映画【ダブル・インパクト】感想(ネタバレ)

double-impact
スポンサーリンク

●こんなお話

 両親を殺害されて生き別れた兄弟が1人はアメリカ、1人は香港で育って再会して両親のカタキを討つ話。

●感想

 ヴァンダムが2人いるので2倍のアクションがあるのかと思いきや特にそれほどでもなく、変なタイツを着ているヴァンダムを愛でる作品でした。
 簡単に再会を果たして香港で大暴れしますが、すぐに隠れ家でじっとしていたりしてあまり動きがないので終始退屈でした。自分の彼女をとられたと妄想するヴァンダムが泥酔するシーンはなかなかの爆笑ポイントでそれを見られただけで満足でした。

 銃撃戦は90年代のハリウッド映画らしいまったりとしたもので退屈でしたが、クライマックスで回し蹴りを連発するヴァンダムを見られてお腹いっぱいでした。カタキ役のアジア人の方も筋肉が凄いことになっていて迫力いっぱいでした。

☆☆☆

鑑賞日: 2017/05/13 DVD

監督シェルドン・レティック 
脚本シェルドン・レティック 
ジャン・クロード・ヴァン・ダム
出演ジャン・クロード・ヴァン・ダム 
ジョフリー・ルイス 
アラン・スカーフュ 

コメント

タイトルとURLをコピーしました