映画【映画 クレヨンしんちゃん ヘンダーランドの大冒険】感想(ネタバレ)

Crayon Shin-chan Great Adventure in Henderland
スポンサーリンク

●こんなお話

 ヘンダーランドという遊園地に遊びに行ったしんちゃんたち。したらそこは悪い魔法使いたちがいて日常を侵食しはじめていく話。

 詳しいあらすじ解説はMIHOシネマさんの映画ブログにて

●感想

 序盤は相変わらずのしんちゃんたちの日常でほのぼのしているけど、魔法使いたちが悪巧みしているらしいぞ、としんちゃんが気づくけど。周りの友だちや大人たちは誰も気づかない。
 しんちゃんと観客だけがわかっているのに、誰もわかってくれないという怖さ。家にまでやってくるス・ノーマンというキャラクターの怖さったらないです。みんなからは人気者だけどしんちゃんにだけは怖い存在。

 しんちゃんがカードを使って魔法で戦っていきますが、しんちゃんが呼び出すキャラクター3人のやりとりは笑えて面白かったです。豚の侍がすぐ裏切るのが笑えました。
 クライマックスのカタキ役との追いかけっこも面白かったです。

 欲をいえばしんちゃん以外の仲間たちの存在が薄かったのが個人的には残念でしたが、95分、不気味で夕方の遊園地の哀しさが素晴らしいアニメーションでした。

☆☆☆

鑑賞日:2014/06/02 DVD

監督本郷みつる 
演出原恵一 
脚本本郷みつる 
原恵一 
原作臼井儀人 
出演(声)矢島晶子 
ならはしみき 
藤原啓治 
田中秀幸 
大塚芳忠 
古川登志夫 
辻親八 
深雪さなえ 
渕崎ゆり子 
保志総一朗 
八奈見乗児 
タイトルとURLをコピーしました