映画【フルスロットル】感想

DVDorBD

●こんなお話

 犯罪都市で潜入捜査官の主人公が市長から中性子爆弾が悪党に奪われてしまったので、元カレを同じ悪党に奪われた飛び回る男とバディとなって戦う話。

 詳しいあらすじ解説はMIHOシネマさんの映画ブログにて

●感想

 麻薬を破棄して黒人の集団に狙われてビルの間を飛び回るアクションをするシークエンスが長いことあって、潜入捜査官の仕事っぷりも描かれ、悪党が爆弾を奪ったので市民を救うために戦うことになる。
 最初は2つのストーリーが同時進行で描かれていきます。この冒頭のパルクールと呼ばれる移動手段が盛り上がる部分でした。

 主人公2人がタッグを組んで悪人と戦いますが、オチがすごいことになっていてびっくりする展開でした。今までの戦いなんだったんだという。悪人がニヤケけてた部下を射殺していたのは一体何だったんだろうか? とビックリするオチでした。

 90分の短い時間で、アクションシーンも長くて、冒頭のパルクールが1番盛り上がってそこから下がる一方でした。けれど、普通に楽しめるエンタメ映画で需要に十分達している作品だと思いました。

☆☆☆

鑑賞日: 2015/02/06 Blu-ray

監督カミーユ・ドゥラマーレ 
脚本リュック・ベッソン 
ビビ・ナセリ 
出演ポール・ウォーカー 
ダビッド・ベル 
RZA 
カタリーナ・ドゥニ 
アイシャ・イッサ 
0
タイトルとURLをコピーしました