ドラマ【ブレイキング・バッド SEASON 2】感想

Hulu

●こんなお話


 化学教師ウォルターホワイトと相棒のジェシーは更なる大物の売人トゥコと取引するけど、狂犬みたいなトゥコと対立し始めたり。ウォルターは不倫疑惑があがったり、ジェシーは家を追い出されて新しい賃貸で隣人の女性と恋仲になったり。砂漠で麻薬作ったらガス欠になって死にかけたり。ちまちま売ってたら敵対組織に売人を殺されるってんで怪しい弁護士ソウルに仲介になってもらって、ファストフードのオーナーと取引を始めたり。手術代を稼ぐために昔の仲間から援助を受けたり息子が募金をしたりといろんな出来事が起こっていく話。

●感想

 フィルムの映像がカッコいいし、何より何重にも折り重なった話の構造がとても面白いです。
 凶暴な売人に拉致されてどうやって突破していくのかだったり、余命がわずかだってんで大急ぎで麻薬作るけど、売るのが大変だったり。義弟のウォルターは異動になるけどそこで危うく爆死しかけてトラウマになったり。本当にいろんなことが起こってハラハラドキドキします。
 そして主人公は相棒が麻薬中毒になってしまった何とか救い出そうとするけど、その場である人物を見捨ててしまう。その結果、大惨事になるという。ちょっとした行動があんな大惨事になってしまう広がり方が凄いです。最初に映るプールに沈んだ赤いウサギの人形が最終話に判明した時の怖さったらなかったです。
 奥さんのスカイラーがお金の出所を怪しんで家を出てしまい、ジェシーは麻薬中毒で廃人同然になってしまって、早く続き見たくなるドラマでした。

☆☆☆☆☆

鑑賞日:2014/08/18 Hulu

監督

ヴィンス・ギリガン

脚本

ヴィンス・ギリガン

出演者

ブライアン・クランストン

アーロン・ポール

アンナ・ガン

ディーン・ノリス

ベッツィ・ブラント

RJ・ミッテ

ボブ・オデンカーク

ジャンカルロ・エスポジート

ジョナサン・バンクス

0
タイトルとURLをコピーしました