映画【僕等がいた 前篇】感想(ネタバレ)

bokura1
スポンサーリンク

●こんなお話

 北海道の高校での好きになるならないの話。

 詳しいあらすじ解説はMIHOシネマさんの映画ブログにて

●感想

 人間の悩みや弱点というのは、本来、他人に対してあまり語ったりしたくはないと思いますが。この映画の登場人物は出会ってちょっとで、過去の事件をペラペラとしゃべってしまうのが理解できなかったです。男のほうの過去の恋人のことを何故しゃべるのか? そこまで主人公が魅力的だったのか? この主人公だと心を許してしゃべれる存在だったのか? ボクには、到底そうは見えなかったです。ちょっと不機嫌になって喧嘩して、飛び出した主人公を男が引き止めるために過去の事件を語り始めているようにしか見えなかったです。

 物語の序盤からつまずいているように思えました。クラスの3分の2が惚れる男。そんな人気ものの男を、学級委員長の主人公の女の子はどう思ってるのかもわかりません。他のクラスメイトみたく、黄色い声をあげるわけでもなく。屋上でテストの点数を話されても困ってしまいます。主人公たちが出会って、どう思ってるのかを説明してくれないと感情移入できなかったです。そのため、いくら夏祭りの日に花火を見上げながら付き合うことになろうが知ったこっちゃないと思ってしまいます。

 この主人公たちを観てどうしたらいいのか? 普通の高校生のカップルがくっついた別れたというのを見せられてもどうしていいのか困ります。
 男の友達も主人公に好意を持って「俺、行くぜ」と彼氏さんに宣言してから告白に向かったりと。みんな爽やかで勝者の行動をとるのも感情移入できませんでした。男は人気者で女の子を手玉にとっているのか? それとも女好きに見えて実は全然、女性に免疫がなくてオロオロしたりするのか。そういったところを見せてくれないと、男が人気者で主人公と付き合い余裕な感じで付き合っているけど。途中で主人公がつれないそぶりを見せると、男は途端に軟弱になり悩むっつう。キャラクターがグラグラで、この人たちがどういう人生を歩んで、今この映画の時間の中に存在しているのかがわかりませんでした。

 とはいえ、デートのためにお金を集めたり、学園祭をしたり大学入学のために頑張ったり。と充実した高校生活を120分見せてくれるので自分が主人公になった気持ちで妄想する映画でした。

☆☆

鑑賞日:2012/03/22 試写会

監督三木孝浩 
脚本吉田智子 
原作小畑友紀
出演生田斗真 
吉高由里子 
高岡蒼佑 
本仮屋ユイカ 
小松彩夏 
柄本佑 
須藤理彩 
麻生祐未
タイトルとURLをコピーしました