映画【ブラック・レイン】感想

Black Rain DVDorBlu-ray

●こんなお話

 ニューヨークの刑事が大阪で日本の刑事と事件捜査する話。

 詳しいあらすじ解説はMIHOシネマさんの映画ブログから

●感想

 大阪の町が何とも不思議な映像で面白い雰囲気が出ている素晴らしい映像でした。日本のスターが、ハリウッド映画に出ている豪華感もこの作品の魅力だと思います。

 ただストーリーは平凡な刑事物で、主人公が中盤からヤクザに迫るために、ヤクザのアジトに乗り込んで、荒らしますが。結局、重要なアイテムとなるスパンコールを見つけるのは偶然で強引ですし。「スパンコールの女はたくさんいる」と高倉健さんが言いますが。「勘だ」と言って、本当に犯人までたどり着いてしまう勘のよさがすごいです。

 それと若手ヤクザと古参のヤクザの戦いの描かれ方が不足していて、クライマックスの戦いは3つ巴になっていますが。誰が誰と戦っているのか、よくわかりませんでした。

 マイケル・ダグラスと高倉健さんの友情は、熱く描かれていたと思います。不正を働いてた疑惑を持つマイケル・ダグラスと堅物な高倉健さんのやりとりは、よくできていたと思います。

 不思議な日本を見れる面白い映画だと思います。そしてマシンガンで撃たれる安岡力也さんが魅力的な映画でした。

☆☆☆

鑑賞日:2011/11/09 Blu-ray

監督リドリー・スコット 
脚本クレイグ・ボロティン 
ウォーレン・ルイス 
出演マイケル・ダグラス 
アンディ・ガルシア 
高倉健 
ケイト・キャプショー 
松田優作 
神山繁 
ジョン・スペンサー 
ガッツ石松 
内田裕也 
若山富三郎 
小野みゆき 
國村隼 
島木譲二 
安岡力也 
タイトルとURLをコピーしました