映画【バルジ大作戦】感想

☆☆☆☆

●こんなお話

 ドイツ軍の戦車部隊の侵攻作戦とそれを阻止しようとする連合軍の話。

●感想

 やっぱり大量の戦車が同じ画面の中に何十台と動いているのを見ると、今見ても圧巻でこれぞ映画なスペクタクルなシーンがすごかったです。

 連合軍側ドイツ軍側両サイドを交互に描いていって、ドイツ軍の侵攻が始まるという構成がワクワクを高めるものでよかったです。侵攻が始まってからはひたすらドイツ軍の快進撃が続いて、連合軍側が結構やられます。そのマクロな動きの中に商売をやるために部隊を離れて商品を確認しに行く兵士だったり、ドイツ戦車部隊の司令官の知らないところでドイツ軍による捕虜の虐殺が起こったり、様々なことが起こって退屈はしなかったです。

 後半になるとドイツ軍側の補給に問題ありと気づいた連合国側が決死の偵察機の行動の報告によりドイツ軍の情報を手に入れてとかもよかったです。ドイツ側の適地の後方に潜入してMPとしてかく乱する兵士とかのハラハラドキドキも楽しいサスペンスでした。

 そしてドイツ軍部隊のヘスラー大佐役のロバート・ショーさんがめちゃくちゃかっこいい映画でした。任務に忠実で冷酷にこなしていく感じがよかったです。ただ人間味がなく部下から愛想つかされたり、自分を狙撃した少年を殺さず、その父親を殺すとかよかったです。最後の燃える補給所にアタックする姿は感動すら覚えてしまいました。個人的には連合軍側の現場の兵隊のボスのチャールズ・ブロンソンさんがもっと活躍の場が見たかったです。ただ捕まった後にヘスラー大佐に虐殺のことを怒って捕虜としての扱いを訴えるくらいしか印象に残らなかったです。

 どこの世界、組織、関係なく、現場は頑張っているのに上層部が頭が悪いというのが勉強になる映画でした。

☆☆☆☆

鑑賞日:2020/05/10 NHK BSプレミアム

監督ケン・アナキン 
脚色フィリップ・ヨーダン 
ミルトン・スパーリング 
ジョン・ネルソン 
出演ヘンリー・フォンダ 
ロバート・ショウ 
ロバート・ライアン 
ダナ・アンドリュース 
ジョージ・モンゴメリー 
タイ・ハーディン 
ピア・アンジェリ 
バーバラ・ウェール 
チャールズ・ブロンソン 
ヴェルナー・ペータース 
ハンス・クリスチャン・ブレッヒ 
ジェームズ・マッカーサー 
テリー・サヴァラス 
0
タイトルとURLをコピーしました