映画【天使のはらわた 赤い教室】感想

DVDorBD

●こんなお話

 レイプされた映像を8ミリで撮影されてしまって、大変なことになる話。

●感想

 ブルーフィルムに映し出される学生たちのレイプ。それを見ている主人公は、そこに映った女性に恋をしてしまう。ファムファタールとして人生を狂わせる存在のヒロイン。
 彼女がラブホテルの受付を知って、彼女とデートの約束をする。この時、主人公はラブホテルの予約を電話でして何かに気づいてラ産ホテルに向かいますが、声だけでわかったのだろうか? とよくわからなかったです。ブルーフィルムも音がないので、声だけでどうしてわかったのだろう?

 退屈な日常を繰り返すだけだった主人公の前に現れるヒロイン。そのヒロインと次に会う約束をしたのに、昔の仕事の件で警察に足止めを食らい約束の時間にいけなくなる。土砂降りの中待っているヒロイン。それから3年経って、主人公は子どももできている。
 ヒロインは学生たちにレイプされ、それがブルーフィルムとして世に出てしまって、そのフィルムを見た男たちと寝ている。主人公にも声をかけて、当たり前のように寝ようとするけど、主人公は抱かない。やっと救い出してくれるかもしれない男に出会って期待しているけど主人公のチョンボで裏切られたと思って、行きずりの男と一夜を共にする。この絡みがロマンポルノだから仕方ないのか、ちょっと長くて退屈でした。

 そして再び偶然出会った2人。ヒロインは男たちに犯され続ける人生を送っている。そんなヒロインを救いたい主人公だけど何もできない。自分もエロ雑誌の編集長として女性を食い物にしているという板挟み。
 クライマックスでボコボコにされた主人公が隣の部屋で行われる乱交を目撃してオジサンたちに犯されるヒロイン。無表情で抱かれるヒロイン。

 ヒロインと話して何とか救おうとする主人公だけど、誰も彼女を救う事の出来ずに見送ることしかできない主人公。
 人生の向こう側に連れて行ってくれるかもしれない希望。けど叶わない絶望。男と女の切ないメロドラマな1本でした。

☆☆☆☆

鑑賞日:2014/08/04 DVD

監督曽根中生 
脚本石井隆 
曽根中生 
原作石井隆 
出演水原ゆう紀 
蟹江敬三 
あきじゅん 
水島美奈子 
堀礼文 
河西健司 
0
タイトルとURLをコピーしました