映画【バリー・シール/アメリカをはめた男】感想

DVDorBD

●こんなお話

 いろんな権力者に利用されて使い捨てられたパイロットの話。

 詳しいあらすじ解説はMIHOシネマさんの映画ブログより

●感想

 トム・クルーズ特有のニヤケ顔がベストマッチでトム・クルーズ主演でなかったら、正直ぱっとしない作品になっていたと思いました。大手の航空会社を辞めてCIAの仕事をやったことによって麻薬カルテルとかともつながっていって、とテンポよくピカレスクものとして飽きずに見ることができました。 

 国を超えて縦横無尽に飛び越えての犯罪で、単純にお金の隠し場所に困ったりしちゃうのも面白かったです。その規模が大きすぎてイマイチ犯罪のデカさが伝わってこず、最後のほうにいよいよピンチになってもどれほどのヤバさなのかと思っていたら…。な展開にビックリでした。と終始お調子者の主人公がよかったです。 

 80年代のアメリカの無茶苦茶なアメリカンドリームを見られて面白かったです。ただ、邦題がイマイチあっていないと感じてしまう作品でした。

☆☆☆

鑑賞日: 2018/03/22 Blu-ray

監督ダグ・リーマン 
脚本ゲイリー・スピネッリ
出演トム・クルーズ 
ドーナル・グリーソン 
サラ・ライト
0

コメント

タイトルとURLをコピーしました