映画【ALWAYS 三丁目の夕日’64】感想(ネタバレ)

ALWAYS64
スポンサーリンク

●こんなお話

 今回も鈴木オートと茶川一家の2つの家族で起こるもろもろの問題の話。

 詳しいあらすじ解説はMIHOシネマさんの映画ブログにて

●感想

 64年の東京の風俗を描いていて相変わらず恐ろしいほどの情景の描き方が素晴らしくて世界観が完成されています。

 ロクちゃんは病院の先生に恋をして、朝の通勤時間を待っている姿なんかは今までのロクちゃんとは違って女の子らしさが出ていて珍しいシーンでした。その後のデートでも銀座をブラついたりみゆき族なるブームがあったりと当時の紹介が新鮮です。
 一方の茶川家では、小説家を目指す淳之介と小説家になるのをやめさせようとしている茶川山の気持ちをくんで夢をあきらめるという2つの気持ちに挟まれてしまいます。

 そんな中、東京オリンピックが開幕。お金はないけど、戦争が終わってからすぐにオリンピックを成功させるという日本の高揚感というのはもう感じることができないですが。日本が一致団結しているうらやましい世界でした。

 ロクちゃんは恋人とお泊りをしてしまい、当時の価値観では大事になるのはわかりきっていて大騒動になります。一方の茶川は、淳之介と新人の売れっ子作家の緑沼という人物をうまいこと絡めて面白い展開でした。

 未来を信じて疑わず今を一生懸命生きる人たちを見ていると勇気がもらえる映画で素晴らしかったです。

☆☆☆☆

鑑賞日:2012/09/25 Blu-ray

監督山崎貴 
脚本山崎貴 
古沢良太 
原作西岸良平
出演吉岡秀隆 
堤真一 
小雪 
堀北真希 
もたいまさこ 
薬師丸ひろ子 
須賀健太 
小清水一揮 
マギー 
温水洋一 
神戸浩 
飯田基祐 
ピエール瀧 
蛭子能収 
正司照枝 
森山未來 
大森南朋 
高畑淳子 
米倉斉加年 
染谷将太 
三浦友和 
タイトルとURLをコピーしました