映画【エア・ストライク】感想

DVDorBD

●こんなお話

 重慶爆撃に対抗する国民党の空軍の話。 

●感想

 日本用に短くなっているのか、誰が何をしている話なのかがわかりにくくすぐに登場してすぐに退場していくキャラクターがいたりして、誰が主人公なのかすらよくわからない90分ちょいでした。 

 米軍司令官が主人公なのかトラックで重要なものを運ぶ人が主人公なのか空軍パイロットたちが主人公なのかすらわかりにくく、ぶつ切りのエピソードが多いので急にテレビゲームみたいな空中戦が始まったり爆撃が急に始まったと思ったら、ブルース・ウィリス演じる司令官自ら操縦して戦ったりして、ただただ戸惑うという。エイドリアン・ブロディの役も謎でこれまた戸惑うという。 

 クライマックスはなぜか麻雀大会になったりして、ちょっと戦争アクションとしてとっちらかって散漫な印象の映画で残念な出来だったと思いました。 

☆☆

鑑賞日: 2019/04/18 DVD

監督シャオ・フェン 
脚本チェン・ピン
出演ブルース・ウィリス 
リウ・イエ 
ソン・スンホン 
ファン・ビンビン 
ニコラス・ツェー 
エイドリアン・ブロディ 

0

コメント

タイトルとURLをコピーしました