映画【軍神山本元帥と連合艦隊】感想

Admiral Yamamoto and the Allied Fleets DVDorBD

●こんなお話

 山本五十六の日米開戦直前から戦死するまでの話。

●感想

 現在に至るまでの日本とアメリカの国力の差を理解し日米開戦に反対しながらも開戦が決定したら、全力で戦うというイメージ通りの山本五十六像を描いていました。1956年制作という戦後すぐにこういった作品を作られているのがすごいです。

 ただ話がダイジェスト的なもので会議の連続に合間に記録映像とちょこっと特撮が挟まるの連続で歴史とかに興味がないとドラマ的な面白さがあまりなく。終始、主人公が周りの喧騒とは関係なく悩んでいるという構図の繰り返しで退屈に感じてしまうと思いました。主人公が芸者さんの弟が海軍兵学校に入れないかと相談を受けるという弟さんがパイロットになって成長していく、というストーリーがありますが、それも軽く描かれるだけで面白さはあまりなかったです。

 それでも主人公が世論の流れとは反対の軍縮方向や日独伊三国同盟に反対とか真珠湾攻撃、早期講和、ミッドウェイ海戦、い号作戦などをダイジェストで見られて、そこらへんの歴史が好きな人は楽しめる作品でした。

☆☆☆

鑑賞日:2020/09/27 DVD

監督志村敏夫 
脚本館岡謙之助 
出演佐分利信 
阿部九洲男 
高田稔 
江川宇禮雄 
林寛 
田崎潤 
細川俊夫 
宇津井健 
沼田曜一 
中村彰 
舟橋元 
高島忠夫 
杉山弘太郎 
御木本伸介 
中山昭二 
藤田進 
0
タイトルとURLをコピーしました