映画【超能力研究部の3人】感想(ネタバレ)

スポンサーリンク

●こんなお話

 超能力研究部の女子高生が同級生の男の子がスプーン曲げをしているのを見て、しかも彼が宇宙人だってんで、宇宙に返すべく頑張る話。

 詳しいあらすじ解説はMIHOシネマさんの映画ブログから

●感想

 フィクションである研究部の話の部分で進むのかと思いきや、その現場を映してるカメラのパートも同時進行で進んで行って山下監督がアイドルたちを追い込む演出をしていて、どういうスタンスで見ればいいのか戸惑います。

 ところが話が進むにつれていくうちにキスシーンNGという事務所からの人が出てくるあたりから、ドキュメンタリーの部分にもフィクション感が出てきて、しまいには2つの流れがシームレスになって一緒になっていく。そしてエンドクレジットですべてがわかる仕組みですが。そこで今までのドキュメンタリーの部分はどういった演出をしていたのか気になるものでした。ちあきなおみの【喝采】を歌ったり、大学の先輩との話だったり、海岸でいきなり涙するメンバーだったりとフィクションとノンフィクションの境目で混乱してしまいました。

 主演の乃木坂ファンなら物凄い楽しめると思いますが、何の予備知識もない人から見たら結構退屈で、しかもドキュメンタリー部分にもフィクション部分にもそこでの求心力がないため、なかなかの退屈さでした。

 果たしてこの設定で乃木坂の魅力が伝わるのだろうか。すべてが中途半端に思えてならない映画でした。

☆☆

鑑賞日: 2015/08/31 Hulu

監督山下敦弘 
脚本いまおかしんじ 
向井康介 
原作大橋裕之
出演秋元真夏 
生田絵梨花 
橋本奈々未 
碓井将大 
葉山奨之 
佐藤宏 
泉澤祐希 
安藤輪子 
森岡龍 
佐藤みゆき 
山下敦弘 
山本剛史 

コメント

タイトルとURLをコピーしました