映画【サニー/32】感想

DVDorBD

●こんなお話

 小学生時代に殺人事件を起こした疑いのある主人公が熱狂的な信者に拉致されてしだいに内ゲバになっていく話。 

 詳しいあらすじ解説はMIHOシネマさんの映画ブログにて

●感想

 小学生のときの過去の同級生殺人事件の14年後だかに加害者の信者的な人たちに拉致されるとう設定は面白かったです。が、面白かったのは設定だけでしかもその殺人事件が実際に起こった殺人事件としてあるので、その事件をこのような形で映画化していいのかと見ている間ずっと違和感が残る映画でした。 

 拉致されて信者たちが勝手に内輪揉めして連合赤軍みたいな殺し合いをしていくのを見せられるのかとも思いきや、主人公が目覚めてカリスマ教祖になっていくけど、本物を名乗る人物も現れて…。と展開が無茶苦茶なうえに各キャラクターは表面的なことしか描かれないままあっという間に死んじゃうのでどういう気持ちで見ればいいのかわからない映画でした。 

 この映画の世界の警察は全く機能していなくて、ネット上で大騒ぎしているのに何もしないのは一体なぜなんだろうか? とかドローンって人の重さに耐えられるのかな? とか不思議な世界の映画でした。

☆☆

鑑賞日: 2018/09/16 DVD

監督白石和彌 
脚本高橋泉
出演北原里英 
ピエール瀧 
門脇麦 
リリー・フランキー 
0

コメント

タイトルとURLをコピーしました