映画【ゾンビ 米国劇場公開版】感想

スポンサーリンク

●こんなお話

 死者が蘇って襲ってくる世界になりつつあって、SWAT隊員とテレビ局員がショッピングモールに立てこもる話。 

 詳しいあらすじ解説はMIHOシネマさんの映画ブログにて

●感想

 お金関係なくショッピングモールの物を独り占めできる楽しさを描いた夢の映画で、主人公たちがゾンビたちを追いやって洋服や腕時計を物色する姿はワクワクして見てしまいました。冒頭でわけもわからずゾンビが蔓延する世界から始まるのも混乱を助長して不安をあおるツカミでよかったです。 

 ただ時代だからどうしようもないですが、ゾンビ襲撃が妙にタルいので迫力不足に感じました。しかもそれが映画のほとんどを占めるので、しだいに飽きを感じてしまう部分もありました。 

 とはいえ、特殊メイクのトム・サヴィーニ御大の仕事っぷりは相変わらずの絶品でその映像が見られるだけでお腹いっぱいの映画でした。 

☆☆☆

鑑賞日: 2017/08/23 NETFLIX

監督ジョージ・A・ロメロ 
脚本ジョージ・A・ロメロ
出演デイヴィッド・エンゲ 
スコット・H・ラインガー 
ケン・フォーレ 
ゲイラン・ロス 

コメント

タイトルとURLをコピーしました