映画【座頭市(2003)】感想

DVDorBD

●こんなお話

 金髪の居合の達人がヤクザを殺していく話。

 詳しいあらすじ解説はMIHOシネマさんの映画ブログから

●感想

 1人のあんまさんが街を牛耳る悪党を全員退治するという勧善懲悪ものですが、北野映画らしい独特の間やギャグが挟まって不思議な感覚の映画となっていました。

 主人公が街道を歩くと、そこに主要な登場人物たちも一同に会して説明をとっとと済ませてしまう簡潔さ。そこを見るだけでこの映画がどういう方向で行くのかを示してくれるものだとわかります。

 この主人公の座頭市が物凄い奴で賭け場でイカサマをしているとだけで仕込み杖を振り回して全滅させてしまうという。そりゃ、相手も怒るわというくらいの非道なふるまいをします。

 病気の妻と旅をする浪人も強い腕の持ち主で、敵に雇われて戦う運命にあるというのも座頭市シリーズの定番で。何故、彼が浪人になったかという回想があって、この理由がまた今までの時代劇になかった展開でした。

 それと三味線姉弟が旅をしていて、彼らも回想時代で悲劇があり復讐を誓って相手を倒そうとしている。
 それを引き寄せるチンピラがいたりして、話の展開はよくあるもので目新しさがないですがわかりやすい話でよかったです。

 ターミネーターのような座頭市が見れる映画でした。

☆☆☆

鑑賞日:2013/02/28 DVD

監督北野武 
脚本北野武 
原作子母沢寛 
出演ビートたけし 
浅野忠信 
橘大五郎 
大家由祐子 
ガダルカナル・タカ 
大楠道代 
柄本明 
岸部一徳 
石倉三郎 
夏川結衣 
0
タイトルとURLをコピーしました