ドラマ【ウエストワールド 1stシーズン】感想

SF

●こんなお話

 富裕層が何でもアリの世界に体験できるアトラクションのウエストワールドを描いた10話。 

●感想

 豪華キャストが渋いお芝居を見せてくれて、それにロボットの世界のSFのギミックの面白さも楽しいシリーズでした。 

 ただやたらと難しい比喩や暗喩を使っての会話とか時間軸や妄想なのか空想なのかが入り乱れる構成は見ていて疲れて集中力を要するシリーズでどっと疲れるドラマでした。 

 そのため中だるみも感じるし、最終話でいろいろ伏線が回収されて驚きはありますが、それ以上に退屈さが上回ってしまう全10話でした。 

 売春婦のロボットが自分自身の存在に気づいて脱出するまでのシークエンスまでのストーリーは個人的にはわかりやすくて面白かったです。アンソニー・ホプキンスや主人公の女性のシーンとかはやたらと難しくて退屈に感じてしまうドラマでした。

☆☆☆

観賞日: 2018/11/21 Amazonプライムビデオ

原作

マイケル・クライトン

製作総指揮

J・J・エイブラムス

ジョナサン・ノーラン

出演者

アンソニー・ホプキンス

エド・ハリス

エヴァン・レイチェル・ウッド

ジェームズ・マースデン

ジェフリー・ライト

タンディ・ニュートン

0

コメント

タイトルとURLをコピーしました