映画【ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ】感想

Venom: Let There Be Carnage☆☆☆
スポンサーリンク

●こんなお話

 主人公と主人公に寄生するエイリアンが喧嘩したり、死刑囚の殺人鬼が脱走して暴れたりする話。

 詳しいあらすじ解説はMIHOシネマさんの映画ブログにて

●感想

 連続殺人鬼とめちゃ凄いサウンドを口から出す恋人が離れ離れになる回想から始まって、主人公と彼に寄生するエイリアンの日常。

 この日常シーンが前作からの面白さであるトム・ハーディの1人芝居とナレーションとCGキャラによる喧嘩というのがメインで、前作から彼らのことが好きだと楽しめる作りになっていたと思います。逆に言えば何の思い入れもないと結構退屈な1幕目が続くことになりました。

 連続殺人鬼と記者である主人公が交流して、原作を知らないとよくわからない仕組みで殺人鬼もシンビオートとなって暴れはじめる。刑務所脱獄や恋人のいる病院襲撃などは楽しかったです。自由となって常識が通じないサイコパスカップルというウディ・ハレルソンの「ナチュラルボーンキラーズ」ちっくな暴れっぷりがこの映画で面白く感じたポイントでした。

 ただカタキ役カップルが魅力的な一方、主人公同士のブロマンスみたいな時間が退屈で彼らが喧嘩して自宅を破壊したり、離れ離れになってお互いしんみりして結局、前作のヒロインの協力のもと仲直り。というのとかもどうでもいい展開でした。

 そしてアクションものとしても暗い夜の中でCGキャラクターのプロレスというのも、前作でもシンビオート対決で今作でもシンビオート対決というあまり変わり映えのしないルックなので盛り上がりに欠けてしまっていると思いました。原作ファンなら楽しめるとは思いますが、何も知らない状態で見たら前作と同じだという気持ちになってしまいます。

 主人公が好きな相手に婚約者がいて、たいていこういう役回りは嫌な奴として描かれたりしますが。今作ではナイスガイなのがよかった映画でした。

 人を食べるプレデターというキャラクターなのにバイオレンスさが感じらずファミリー映画となってしまっているのも好みの問題ですが、残念な作風の映画でした。

☆☆☆

鑑賞日:2021/12/03 川崎チネチッタ

監督アンディ・サーキス 
脚本ケリー・マーセル 
原作マーベル・コミック 
原案トム・ハーディ 
ケリー・マーセル 
出演トム・ハーディ 
ウディ・ハレルソン 
ミシェル・ウィリアムズ 
ナオミ・ハリス 
リード・スコット 
スティーヴン・グレアム 
タイトルとURLをコピーしました