映画【美しい星】感想

DVDorBD

●こんなお話

 ある家族が自らを宇宙人だと覚醒して地球を救おうと頑張る話。 

●感想

 当たらない気象予報士のお父さんに水ビジネスにのめりこむお母さん、メッセンジャーをしている長男は政治活動をやりはじめ、長女はミュージシャンに心惹かれていって…。 

 日常生活の中に不穏な異物感があるSFという黒沢清っぽい作品で宇宙人として覚醒した家族のそれぞれの奮闘っぷりは見ていて面白かったです。現代社会のスピードとは違うテンポのゆるさの笑い。 

 憑りつかれてどんどんとおかしな方向に和製【未知との遭遇】として楽しむことができましたが、後半から佐々木蔵之介さんとの環境問題うんぬんの議論からガンに侵されたお父さんの流れからは途端に今までの流れと変わってしまってポカンとしたまま終わってしまう映画で、それまでとても変な面白い映画という印象だったのが失速してしまって退屈に感じました。 

 ラストの家族たちの逃避行も急展開すぎて今までの流れと全く違うため少し詰め込みすぎだと思う映画でした。 

☆☆☆

鑑賞日: 2018/01/05 DVD

監督吉田大八 
脚本吉田大八 
甲斐聖太郎 
原作三島由紀夫 
出演  リリー・フランキー 
亀梨和也 
橋本愛 
中嶋朋子 
佐々木蔵之介
0

コメント

タイトルとURLをコピーしました